From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
パリ生活2018
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>亜紀ちゃん あり..
by alexsea at 21:00
いよいよ最終週だね。残り..
by 亜紀 at 00:35
>るうこさん いや..
by alexsea at 04:04
うわー、今パリに住んでる..
by るうこ at 03:18
>亜紀ちゃん あり..
by alexsea at 04:50
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


<   2018年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ベイエリア 2018 (5/24~30)
5月の終わりにベイエリア(サンフランシスコ近辺)に行ってきたので、覚え書きをしておこうと思う。

まずはスタンフォード大学のあるパロアルト(Palo Alto)で、Koreyの姪Kenlyの結婚式。着いた日には曇りでちょっと寒かったんだけど、結婚式当日は快晴で最高の結婚式日和。コミュニティセンターを借り切って、その庭で執り行われた結婚式は、新婦も新郎の素晴らしく輝いて見えた。二人ともとても幸せそうな笑顔に溢れていて、こっちが感傷的になりそうになっちゃったよ。どうか二人ともお幸せに!

d0113429_04435787.jpg
幸せそうなカップルを見てると、こっちまで笑顔になってしまう

その後はサンフランシスコで一泊。Edはそこに住んでるし、TomとPatrickもベイエリアに偶然居るということで、みんなでBluestem Brasserieでブランチ。楽しかったー。夜はまたEdとバーをハシゴしながらハッピーアワー。親友とのひと時は本当に心を満たしてくれる気がする。

d0113429_04440135.jpg
親友たちとブランチ!

次の日には車でナパバレー(Napa Valley)に、ワイナリー巡りをしに行った。まず最初はArtesa。ここはワイナリーの中でも、景観が素晴らしい場所として有名らしい。高台にあるので、やっぱり景色が最高でため息が出た。ここでは、ピンチョというスペインやバスク地方で食べられるおつまみにマッチングされたワインをテイスティング。一口サイズのおつまみは、ワインと本当によく合っていてビックリするくらい。中でもレッドペッパーに山羊のチーズを詰めたものとピノノワールのマッチングは、言葉が出ない素晴らしさだった。

d0113429_04440645.jpg
息を呑む美しさ

d0113429_04440940.jpg
おつまみとワインのマッチング

次の予約(今やナパやソノマのワイナリーは予約をしなきゃいけない場所がほとんど)までにはちょっと時間があったので、ArtesaからすぐのKieu Hoangというワイナリーに寄ることにした。ここはベトナム人が所有するワイナリー。テイスティングしてみたけど、どれも軽く若々しい味で、ボトルやラベルのスタイルからして、これは若者向けのワインだなって感じた。その次はシアトルのレストランでも飲んだことのあるCuvaisonというワイナリーで、綺麗な景色を見ながらのテイスティング。やっぱり記憶にある味で、それほど飛び抜けて美味しいってわけじゃないけど、安心して飲めるワインって感じ。

予約しておいたのはEtudeワイナリー。ここのピノノワールは昔からずっと好きだった。僕は今回ピノノワール中心のテイスティングにしてもらったんだけど、どのエリアから持ってきた葡萄でどんな作り方をしたかとかの説明を受けながら、テラスで飲むワインはとても美味しかった。以前はものすごく好きだったのに、今回はそれほど感動しなかったなぁ。ワインが変わったのか、味覚が変わっちゃったのか、それとも今までのテイスティングで酔っぱらってたか(笑)。

d0113429_04441405.jpg
Etudeワイナリーでは行き届いた説明をしてくれた

この後はナパのダウンタウン近くのホテルにチェックインした後、Uberを呼んで今日最後のワイナリー、Lunaへ。ここはピノグリージオが特に美味しかったけど、ワイナリーで売ってるワインはどこも高すぎ! どれも$30から$50の値段がついてる。残念だけど、どのワインもそれだけの価値はないなぁ。このクオリティだったら、半額くらいだったら買うと思う。どこのワイナリーでも最近はテイスティングするのにお金を取るし…。

今夜はナパのダウンタウンにあるAngèleというレストランでディナー。食べ物も美味しかったし、ダウンタウンは夜はしっとりした空気が流れていて、とても気持ちがよかった。ちょっと遠かったけど、ホテルまで歩いて帰った。

d0113429_04441490.jpg
夜のナパのダウンタウンとナパ川

次の日はワインをじっくりと飲めるように、運転手のレンタルをすることにした。ホテルまで来てくれて、そこから僕らのレンタカーを運転して、予定のワイナリーまで連れて行ってくれる。時間制だからテイスティングしている間も払わなきゃいけないけど、背に腹は代えられない!

まず最初のワイナリーはCastello di Amorosa。イタリアの地方にありそうな昔ながらの城って感じの場所なんだけど、なんとこれが建設されてから20年も経っていないというのでビックリ。V. Sattuiワイナリーのオーナーが、自分の趣味で建てた城らしい。アミューズメントパークのような白々しさがなく、まるで建て増ししましたっていうような設計や、崩れかけの塔なんかもあったりして、本当に何百年前からあるような感じだった。迷路のような地下にはセラーの他にも『拷問部屋』なんかも作ってあったし。ワイン自体はまあまあだったかな。

d0113429_04441588.jpg
建ってから20年以内だなんて信じられない!

d0113429_04441516.jpg
樽出しワインもテイスティング。味はそれほど…

お次はV. Sattuiワイナリー。ここではテイスティングじゃなくて、気持ちのいい庭でピクニックランチをすることにした。ここは1991年に初めてカリフォルニアを訪れたときに、ナパバレーに来て初めて入ったワイナリー。その時からここではいつもピクニックランチをしてた。中の売店でバゲット、チーズにハム、それとワインを買って、庭のテーブルに座って食べた。ピクニック日和の最高の天気なので、本当に美味しかった! 僕の大好きなカルネロスのシャルドネは、クリーミーで強めのチーズにとてもよく合った。

d0113429_04441545.jpg
V. Sattuiでのピクニックランチ!

この後はGrgich Hillsワイナリーでちょっとテイスティングした後、Inglenookワイナリーへ。ここもまるでお城のような豪邸。ワインもなかなかだったけど、豪邸の中にはちょっとした博物館のような場所もあって、とても面白かった。

d0113429_04442371.jpg
Inglenookワイナリーも気持ちがいい

朝からずっとワインを飲んでたので疲れちゃったよ。ホテルまで戻って運転手にお礼を言った後は、ホテルにあるジャクジーでリラックス。いつもだったらここでもワインを飲みたい感じなんだけど、今日は水で水分を補給しなきゃだな。すごく幸せなひと時だった。

d0113429_04442376.jpg
ホテルのジャクジーでリラックス

今夜の夕食はナパのダウンタウンにあるLa Toqueというミシュラン星つきレストランで。すごく美味しかったけど、「感動」はそれほどなかった気がするな。でも素晴らしい雰囲気と素晴らしいサービスで、とても充実したディナーだった。

d0113429_04442386.jpg
La Toqueでのディナー

最終日は、予約しておいたSpottswoodeというワイナリーでツアーとテイスティング。一日に10人しかツアーに参加できないらしいので、予約が取れてラッキーだった。しかももう一人来る予定だったのがキャンセルになって、僕たちだけのプライベートツアーに! 畑を歩いて葡萄の説明をしてくれたり、いくつかの建物の中でもワインの説明をしてくれて、とても興味深いツアーだった。ワインも美味しいことは美味しかったんだけど、3種類のワインがそれぞれ$42、$85、$225って高すぎ!! まるでレストラン価格じゃないですか。個人的には$25、$35、$50だったら買ってたかなっていうレベルだった。ツアー&テイスティング自体も一人$75とかなり高かったけど、プライベートツアーでじっくり見学できたのでこれはよかったな。

d0113429_04442344.jpg
Spottswoodeワイナリーでのツアー

空港に戻る前にヨントヴィル(Yountville)という街に寄って、ランチにしよう。ここにはFrench Laundryという、アメリカで最高とされるレストランの一つがあるんだけど、残念ながら予約が取れなかったので、同じシェフが経営するカジュアルなビストロBouchonに行くことにした。ここではフレンチオニオンスープと舌平目のムニエルを食べたんだけど、どちらも踊り出したくなるくらい美味しかった。やっぱり僕はシェフThomas Keller氏が大好きだ。以前ニューヨークのPer Seに行ったときにも、こんな感動を体験したし。いつかFrench Laundryに行ってみたいなぁ。

d0113429_04442353.jpg
Bouchonでのランチは最高だった!

というわけで、今回のベイエリアへの旅は終わった。やっぱり僕は北カリフォルニアの雰囲気や気候が大好きだ。ワイナリーがどんどん高級志向になっちゃって、どこでも一人$30くらいのお金を払わなきゃテイスティングできなくなっちゃったのが残念だけど、素晴らしい自然に囲まれてワインを飲むっていうのは、最高の贅沢の一つかもしれないからしょうがないのかなぁ。それでも昔、ぶらりとワイナリーに入って無料でテイスティングして、それでそれほど高くないワインを買って家で飲むことにできた時代が懐かしい。こんなこと思うのは、歳取った証拠なのかな(笑)。

[PR]
by alexsea | 2018-05-24 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)